私はこれで腰痛がグーンと改善されました!

UPDATE

 私は高校生まで陸上部でした。
走り幅跳びと短距離の選手で、高校も陸上で推薦入学でした。
ところが、高校生の頃から腰痛持ちで整骨院に通っていました。

 YOGAを始めてから随分と改善したのですが、やはり完治は致しません(>_<)
もちろんYOGAが悪いのではなく、レッスン時に自分の身体で悪い見本を見せることや、説明をしながらアーサナ(ポーズ)を行うことが呼吸に逆らい負担になっているようです(^_^;)

でも、最近自分で考えた腰痛改善ポーズでとても良い状態に!

 私のレッスンは、いつも腰周りをほぐすことから始めますが、
さらにその前に簡単な腰痛改善ポーズで腰椎を伸ばす動きを加えることにしました(*^^*)

 この動きはテレビ番組アカルイミライの最終回で紹介されていた腰痛専門外来で使われている腰痛最新治療器『プロテックⅢ』での治療を参考に考えました。
 プロ野球ソフトバンクの小久保選手はこのマシンでヘルニアを見事完治させ、復活しました。そのため自分でも購入し、自宅に置いているそうです。

そこで、自分の身体で同じことをしようと試してみました(^O^)/

高い機械を購入しなくても簡単なポーズで大丈夫!

 毎回レッスンの最初にこのポーズをしていると、とても腰の状態が良くなりました。
整骨院の先生にもこのポーズについて伺ってみると
腰痛に有効だということなので自信を持ってレッスンに取り入れています。

 
 YOGAでは他にも腰を伸ばすポーズがいっぱいあります。
私のレッスンでも様々な腰を伸ばすポーズを行いますが、

これなら身体の硬い方も、自分の体重を利用して簡単に行うことができます。

こんな簡単なポーズです!
HI3H0455.JPGHI3H0453.JPG

 ボルスター(ヨガ枕)を使っていますが、お座布団やタオルケットで大丈夫
何も敷かずに床の上に座ってもじゅうぶんな効果が得られます。

・足は内股や外股にしないで腰幅にして並行にしましょう。
・お膝は伸ばさずに、低くして立てています。
 (体の硬い方はもう少しお膝を高くして下さい。)
・できるだけ背筋を長く伸ばして身体の力を抜きます。
・お腹を引き上げて薄くしましょう。
・胸に深く呼吸を行いましょう。

 腰椎を長くして腰椎一つ一つの間隔を広げてあげるように、
力を抜いて呼吸を深くしましょう。


このように腰が硬くて前に倒れられなくて、
腰椎が伸びる感覚を得られない場合は・・・。

HI3H0456.JPG



このような感じで、階段や椅子・ベッドなどを利用してみて下さい。

HI3H0459.JPGHI3H0460.JPG

急に長時間すると腰が驚くかも知れませんので1分くらいを目安に
少しずつ毎日1~3回程度行ってみてください。

病院や整骨院に通っている方は相談してからにしましょう!
個人差や症状の違いがあるので、痛ければ無理をしないことです。

場所と時間があれば、終わったあとはゆったりと仰向けで休みましょう。

STUDIO JUNKO のレッスンで腰痛が改善された方も多くいらっしゃいます。
説明がわかりにくい場合は、レッスンにお越し頂きますとゆっくりと丁寧にご説明させて頂きます。もちろんメールでのご質問も伺います。

お気軽にご連絡下さい(*^_^*)