| コメント(4)

UPDATE

最近、アンチエイジングやダイエット目的でYOGAを始める方が増えています。
雑誌などでも呼吸を深くするのでYOGAが効果的だと、よく取り上げられていますよね

もちろんYOGAはアンチエイジングやダイエットに効果的です

でも週1・2回のYOGAよりも毎日の食生活です

「YOGAを初めて太った」という方は、
レッスン後すぐの吸収の良い時にバクバク食べていないですか

そんな私もじつは、最近更年期とともに少し太っていました

この記事は去年です(←クリックして下さい)
この時は、体重52㌔、体脂肪率18~19% くらいでした。
冬には最高体重52~53㌔、体脂肪率18~19%後半
3年ほど前までは体重49㌔、体脂肪率13~14%でした。

太ってはいませんがインストラクターとしては・・・

現在は50㌔、体脂肪率16%くらいです
今がベストです
 1ヶ月で調整できました。

痩せすぎては女性らしさがなくなって、老けてしまいます

旅行で少し太りましたが、自炊に戻ればすぐに体重も戻りました

YOGA・ダンスそして食事です

食べる量は一切減らしていません。
お肉もビールも辞めていません。
ベジタリアンでもなく、毎日晩酌して甘いものも好きです

ただ野菜を多くして、いろんな食材をバランスよく食べること。
食べる順番を血糖値の上がりにくい順番に食べるようにしました。
お昼ご飯は玄米が中心です。

ちなみに、昨日と今日のお昼ご飯。

HI3H0549.JPG

 

1.みかん(宇和ゴールド)
2.サラダ(レタス・キャベツ・玉ねぎ・ラディッシュ・玄米フレーク)
3.お吸い物(しじみ・わかめ・しめじ)
4.そら豆の塩ゆで
5.鯖の煮付け
6.さつま芋入り玄米ご飯(黒ごま・白ごまトッピング)

HI3H0550.JPG


1.もずく酢
2.吸い物(しじみ・わかめ・しめじ・ネギ)
3.豚しゃぶサラダ(豚・レタス・からし菜・ラディッシュ・レモン・トマト・黒と白ごまトッピング)
4.しろ菜と厚揚げの煮物
5.さつま芋の白ご飯、シラスのせ

 今までならお昼は、ガツンと野菜炒めなど1品ですませていました

楽して食材の品目を多くするコツ
・ごまや鰹節などをトッピング
・即席のおつゆも野菜やきのこをプラスして、お椀ではなくお鍋で作る
・まとめて玄米を炊いて、1食分ずつ冷凍する
・多めに作ったら、無理に食べないで翌日に少し残しておいて品数を増やす

血糖値の上がらない食べ方
生のフルーツや生の野菜
     ↓
海藻やきのこ類
     ↓
火の通ったお野菜
     ↓
お魚・お肉
     ↓
ご飯や麺などの炭水化物

 

お夜食によく食べるもの
・そら豆や枝豆
・お豆腐
・納豆(納豆・オクラ・山芋のネバネバトリオ和え)
・セロリ炒め(油はエゴマ油で鷹の爪をいれて)

私もそろそろ中年太りに気をつけなければいけないとと思い立ち
食べる順序や調理方法を気にしただけで
食べる量は減っていないし、食べたいものを食べたいだけ食べていました

YOGAと食事どちらも大切です睡眠も
YOGAをしても太ったり疲れがとれなかったり・・・。
生活習慣や食生活を見直しましょう



今からでも大丈夫です

健康な身体=美しい身体

身体は中から自分で作るもの


 

コメント(4)

JUNKO先生、こんにちは!
食生活、とても大切なのですよね。とても参考になります。
 私事ですが、先月2週間ほどアトピーで入院しておりました。それがきっかけで、食生活を見直すようになりました。
 和食中心で、野菜を多く取るように心がけたら、アトピーも随分マシになってきました。
 また、朝もスッキリ起きれるようになりました。

 アトピー改善には、複式呼吸も効果があるらしいので、食事療法と共にヨガも継続してやっていきたいと思います。

お料理の写真を見て、
さすが女性だなと思いました。

男性にはできない、
少なくとも私にはできない
「一手間」掛けたお料理だなと感じました。

どこかのお店のメニューみたいです。

食事を楽しんでるのだなと伝わってきます。

私も少し見習って、
何か一手間掛ける技を身につけたいと思います。

食事を楽しみながら、
健康な体作りにも心がけたいですね。

コメントする

このカテゴリーの記事