被災地の瓦礫を引き受けること

| コメント(2)

UPDATE

 久しぶりに、投稿させて頂きます。

 最近はほんとうに寒くなってきました。
3.11の震災による被災地の皆様は寒い中
どれほど辛くて不安な毎日でしょうか?

 それでも皆さん、笑顔で頑張ってらっしゃいます
そんな、お姿を見て心が痛みます。

 最近、大阪でも被災地の瓦礫を引き受けることが問題になっております。
瓦礫引き受け拒否を訴えている大阪の市民の姿を見て
小さな子供を守っている被災地の方々は、
見放されたような寂しさを感じてはいないでしょうか?

私の個人的な意見では、引き受けさせていただくべきだと思います。

 大阪には風と共にセシウムなどの放射性物質が飛んでくることは
あったとしても、ほんの少しでしょう。

 瓦礫を引き受けることで、
放射能の影響はあるかも知れませんが
これからの日本の子供たちの未来を考えるならば・・・。
大阪の子供たちの健康だけを考えていたのでは
明るい未来は望めないと、私は思います。

 小さなお子さんがいらっしゃるご家庭の不安はわかります。
でも、ほんとうに子供たちの未来を考えるならば、
長い目で見て、今リスクを分散して少しでも多くの子供たちを
未来に残す努力をすること
が必要ではないでしょうか?
それが、自分たちの子供のためにもなるのではないでしょうか?

 あの震災のあと、多くの人々が義援金を送りました。
でも、自分たちの安全のために
被災地の瓦礫引き受けを拒否するということは
義援金もただの自己満足に過ぎないのではないでしょうか?

 民間のボランティアの方や自衛隊の方、その家族。
東電の下請けの作業員の方やその家族。
皆さん、ある程度の被爆も覚悟で作業に当たっています。

 私たちは安全な大阪に居て、
今、私たちにできることの一つとして
ぜひ被災地の瓦礫を引き受けさせて頂きたいと
私は考えます。

 もし大阪が今後、震災にみまわれたらどうでしょう?
お互いほんとうに困っているときに助け合わなければ・・・。

 全国で瓦礫の処理を引き受けて、
1日も早く、被災地が復興できますように・・・。

コメント(2)

人を押しのけてでもとか、
自分さえ良ければ、
とまでは思わなくても、
知らず知らずの間に、
自分が良ければ、
他人のことには、
それほど痛みを感じなかったり、
関心が向かないのかも知れません。

私の場合は、
阪神大震災の時は、
それなりの影響はあったけど、
やはり、どこか他人事の様な感じで、
少なくとも、
当事者意識はありませんでした。


今回の東日本大震災も、
大変だなぁとは思うものの、
やはり、
どこか他人事の感じがしてます。。。。


恥ずかしながら、
それに関連して、
給料が減ったり、
税金が上がったり、
物価が上がる方が、
身近な問題に感じてます。。。。


もっと、想像力を持って、
他人の気持ちを感じ取らないとダメですよね。

私も、放射線の安全確認を行った上での瓦礫の引き取りは、受け入れるべきだと考えます。


ホントに、
助け合いの精神は大切ですよね。

大切な事を思い出させてもらいました。

有り難うございます。

kojiさん、コメントありがとうございます

みんな、自分が大切。
私もそうです。

金銭的・時間・心・体力・・・。
色々な面で余裕が無いのですよね

義援金を送ることで自己満足していないで
できることをさせて頂きたいと思います。

コメントする

このカテゴリーの記事