| コメント(0)

UPDATE

 皆さんは日常の生活習慣として姿勢を気にしていますか

 ヨガのレッスン中でも姿勢が悪い方を見かけるとお声をかけさせて頂いたり、アジャストをさせて頂きますが・・・。いつも猫背でいるとそのままの筋肉の付き方で固まってしまい、意識をしても正しい姿勢にならない場合もあります。


 YOGAとカイロプラクティックと考え方は非常に共通点が多く、古代の人の知識に驚かされます。

 YOGAでは脊柱にはチャクラと言って、背骨の基部から頭頂まで脊椎に沿って7つあるエネルギーの貯蔵庫を言いますが、このチャクラを活性化させることが心と体の意識と機能を高めると言われています。

 カイロプラクティックでも脊柱を重視していて、背骨の関節を矯正することによって体の動きと姿勢を改善するとともに、微妙な骨のズレによって生じる神経の圧迫を解消して、痛みをはじめとする全身の症状を改善することを目的に行われています。

 どちらも脊柱を重視しています。
背骨の中には脊柱神経が通っていて、一つひとつの骨の間からは大切な神経が枝分かれして出ています。背骨が歪んでいるとその神経が圧迫されて痛みや痺れなどの感覚異常や内蔵機能の低下に繋がるという考えです。

 いくらカイロプラクティックやYOGAをしても、日常生活でも背骨の歪みをつくらないように意識をしなければ体の改善には繋がりにくいと思います。
とくにヨガのアーサナを行うときに背筋を伸ばすことを意識せずにポーズを行うことはかえって体を痛めてしまう可能性があります。とくにねじるポーズなどは・・・。

 背筋を伸ばそうとする時、肩を下ろしながら頭頂を引き上げるようにします。
視線を上にする時は、首を後ろに曲げるのではなく胸を持ち上げて少し顎を上げるだけでじゅうぶん上を見ることができます。
いつも尾骨から頭頂をお互い遠くに引き離すように意識をすることが大切です。


 どうか、いつも意識をしてYOGAを行うようにお願い申し上げます。

コメントする

このカテゴリーの記事