| コメント(2)

UPDATE

去年お花を咲かせていたカーネーションに、またお花をつけてもらおうと去年の秋にお花屋さんに行って、「カーネーションに栄養を与えたいのですがどれでしょうか?」と聞くと・・・。

「まだ緑の葉を残しているのは上手に育てているけど、カーネーションは1年草だからもう終わりですよ。」って・・・

それでも元気に生きているのに処分なんてできないし・・・。
そう思って冬の間もずっと育てていると・・・。
なんと   蕾が・・・
処分しなくてよかったぁ~      頑張ってくれてありがとう

 

コメント(2)

こんにちは、JUNKO先生

動物でも植物でも、育てていると愛着が沸いてきますよね。問題があるからといってすぐに
捨ててしまうなんてできないことです。

あきらめずにお世話をしてよかったですね。
花の命は短いと言いますが、
生き物の生命力の強さや命の尊さをかんじます。
カーネーションちゃんは、先生の愛情を感じて、芽吹いたのではないでしょうか。

なにか良い事がある前触れだといいですね。

まつだひろさん、いつもブログを見て頂いてコメントも頂いてありがとうございます

カネーションは日に日に蕾を膨らませ、昨日から蕾の先に赤い色を覗かせくれています

他のお花たちもどんどん咲いてきてベランダがとても明るく元気に

すべての命あるものが強い生命力で生きています。

人も強く生きていかないと
心や身体が弱った時にはプラーナヤーマで元気になりましょう

コメントする

このカテゴリーの記事