| コメント(4)

UPDATE

ヨギー・ヨギーニの皆さん、ヨガを続けていて壁にぶち当たったことはありますか
私は何度もあります もともと学生時代に腰を痛めていましたので、今もその痛みは抱えています。
それ以外にも・・・。もともと、陸上選手としてアウターマッスルがつきすぎていて体が硬かった私が、今のカラダになれたのはダンスやヨガのおかげです
でも、その道のりには何度かケガをしています。
その原因のほとんどが、私の場合は調子の良いときにあと少し可動域が広がるのでは・・・と・・・。
しっかりと内面を見つめていれば起こらなかったケガです
未熟者でした・・・
ヨガを続けているとケガをしなくても、進歩が無かったり、いつもより可動域が狭くなって壁を感じることも・・・。
カラダは毎日、違います。しっかりと内面を意識して、無理をせず呼吸を深めていきましょう それでもケガをしたときは・・・。無理ををせず、できる範囲で行いましょう

たとえば手をケガした場合、太陽礼拝の中のチャトランガなどは四つんばいになり、体重を分散させたり・・・。それも無理なら前屈を繰り返し立ったまま、ほかの人に呼吸だけを合わせていきます
ほかのアーサナもできないものは、呼吸を深めることに意識を集中させてできることだけを行いましょう

ヨガは内面を見つめることなので、ケガをしていてもできますよね
ヨガは一生のパートナーとして、のんびりと行いましょう

コメント(4)

手さえ使わなければ問題ないので、立位はだいたい通常通り出来ると思います。左手にチカラを入れてはいけないので、後ろで手を組む系も無理っぽぃです。出来る範囲でがんばります
痛みがあれば加減が出来るのですが、痛みが無いぶん無意識に左手を使ってしまうのが怖いところです

一番の問題はインストラクターの仕事なんです。
手を固定した状態でインストラクターやってていいのかな?っていうのはありますが、6週間も代行立てるなんて無理ぽぃので、手をあまり使わないポーズで構成しようかと思ってます。手を使うポーズでも「私は出来ないですけど、皆さんは組んでください」と言ってみたり。
もし純子先生がこんな状況になったらどうします?

 ウジャイ呼吸に 意識を集中いて BGMと先生の声を聞きながら ポーズに入っていくと 癒されていきます。 が、次の日は、全身筋肉痛です。 つい最近、寝返った時に 股関節のところがつってしまった。 

そうですね?
私なら性格的に100%体育会系なので、手を使うアーサナをやってしまいますので・・・。
それを防ぐために、固定してしまいます。
その状況を会員様に説明した上で、できないところは口でリードすることを会員様にご了承頂いた上でレッスンをさせて頂きます

シャイさん、いつもレッスンを受けて頂きありがとうございます
股関節はその後、大丈夫でしょうか
股関節を痛めていなければよいのですが・・・

コメントする

このカテゴリーの記事